2006年07月24日

文たん、肩のチカラが抜けるの巻き

うむ。最近は、「なんにもわからない自分」にイライラしなくなった。肩のチカラが抜けて、ありのままの自分・・・まぁ、それがどんな自分かわからないけれど・・・で、いても無理がない。

会社で友達がいないのも、もうどうでも良くなってきたし。ご飯が独りで食べられるって大人になった気分だし。今まで、無理して話をしようとして、ギクシャクして馬鹿みたいだったし。向こうが話したくないなら、話さないよ。それがお互いのためなんだ。

そう思ったら、全然平気だな。

うーむ。自分は今まで心を開いて、誰でもカモーン状態で、変な人扱いされてたけど。ここまで拒否されるのは初めてで、凹んでいたけれど、これがここのスタイルならしょうがない。合わせるか。

そう思ったら、全然平気だな。

文たん、肩のチカラが抜けるの巻きでした。
posted by 春村 文登 at 01:31| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。